FC2ブログ
topimage

2012-11

 スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 20121117 TVXQ catch me World Tour in ソウル - 2012.11.17 Sat

何食わぬ顔で更新します。
そして、だいぶと遅くなりました。
舞台挨拶同様、化石感想です。

ソウル公演に行ってきました。
もう12月だってのに、今さらですけど(そこは相変わらず)
すぐに記事を書けなかったのは、結果からいうと100パーセントになって戻ってこられなかったからです。
トンバンさんはそんなに甘くなかったです。
先月お休みをたくさんいただいた為、また11月も有給消化します。とは言えなかったので
今回は17日のみでしたが行ってきました。
あれだけ行かないと心に決めていたのですが、やっぱり疼くオタクがここに1人。
結局1週間前に行くことを決意して、そこからバタバタと色んな手配をしました。
初の一人海外!と思いきや、お互いに行けないよね…なんて言ってた先月の韓国同行者のお友達さんが
ワタシが行くと決めた少し後に、急遽行く事にした!
という連絡をいただいたので、宿だけご一緒する事になりました。
当日空港入り→ホテル→会場→ホテル→空港
という本当に弾丸で、滞在時間は20時間もありませんでした。
本当にただライブだけを観に行っただけという。
行く事にした経緯は…うぅーん…後悔すると思ったから。
少し自分が努力や我慢をすれば見られる環境にいるのに
それをせずに行かずに終わり、そんな中で、その少しの努力と我慢をした人たちが
彼らを見られる事に耐えられなかった為です(苦笑)
いつも言っているけれど、ワタシだって行けたはずなのに…
という気持ちで後悔するのだけは絶対絶対絶対にイヤな人なので、やっぱり行く事にしました。
ワタシは悪く言えば彼らを利用して自分の私欲を満たす部分が多少あって…
今回も結局彼らが見たいから行くのか…
はたまた、みんなが見れるものを自分が見れないのは悔しいという気持ちが大きくて行ったのか…
よく分かりません。
そのあたりは正直両方であり、後者の方が若干強かったのかもしれないです。
結局いつもそことの戦いであり、もうなんか彼らが見たいから行くのか何なのか
よく分からなくなって混乱する事もしばしばな相変わらず面倒な人です。
人が見られるものを自分が見られないのが嫌なんです(苦笑)
何故なら、行かずに終わると人をうらやむ事しか出来ないから。
人を羨む事って、実はすごく苦しくて醜い感情なんですよ。すごく労力も使うし。
だから行くしかないんです。そんな風になる自分が嫌だから。
結局何のために彼らを見に行っているのか、よく分からないでしょ?ワタシ(苦笑)
毎回これの繰り返しですよ…正直疲れます。
相変わらずですみませんw

今さらですが、自己満です。
続きから。


スポンサーサイト

 20121103 黄金を抱いて翔べ 初日舞台挨拶 - 2012.11.03 Sat

無事行ってきました。
こうでなくっちゃ年会費を払ってる意味がない!>ぴあ会員

ネタばれありなので、これから行くからという人はストップで…。
と言っても、この記事をいつ上げるのか分からないので
そのままお蔵入りになったら、そんな注意事項に必要ない訳ですが…。
そう書いておきながら、のらりくらりと1か月以上経っております。
もう公開終了している所もチラホラですよね。ええ、すみません。
化石感想文です。
ひっそり更新しておきます。

-------------------------------------------

前日から体調がおかしいなと思いつつ
朝起きたら頭痛に襲われて、パラ牧イベント以来の不調っぷりで
自分の自己管理能力の低さに、若干頭を悩まされましたが(苦笑)
チャンミンを見たら、そんな事も忘れちゃいました(単純)

朝から有楽町は賑わっていました。
良い感じでした。

大半が女性客でしたが、ワタシの行った回は男性もちょこちょこ見かけました。
旦那さんとか、お友達とかかな。
ほとんどがチャンミンファンかなと思いますが
ワタシのお隣の方は違う出演者の方のファンでした。
たぶん溝端くんかブキさんあたりのファンの人かな。
ワタシと視線の先が違ったのでw
端っこ席でしたが、前列がつぶれていた事もあったし、出演者の出入り口側だったので
予想以上に近くで見られた事がラッキーだったかなと思います。
あともう少しはぴあ会員でいようと思います。(単純)

舞台挨拶の様子は、和やかで、温かい感じの雰囲気でした。
西田さんは可愛いし、お客さんの心を掴むのがうまかったです。
映画を観終わったお客さんが笑顔でいてくれたら、それだけで満足!みたいな事を言っていた。
おちゃめという言葉がピッタリの西田さんでした。
監督合わせて全部で7名登場した訳ですが、割とああいう場での役割分担が自然と出来ていて
見てみて面白かったです。
面白い事いうのは桐谷さんだし、おちゃめな事いってお客さんを和ませるのは西田さんで
ブッキーと浅野さんに関しては主演俳優!って感じで、控え目で、芝居で生きてます感がすごかった。
俳優さんって感じでした。
溝端さんとチャンミンは花というか何というか。
いわば世ではアイドル的な歌手と俳優さんですから、
そういう意味で本格俳優さんたちをより華やかにする花みたいな感じだったかな。
監督は見たまんま、あんな感じで非常に自由でしたw
ああいう場が面倒だってのもあるんだろうね、きっと。
それか極度の照れ屋かw
映画の見どころを聞かれて、見どころなんて全部やろ!的な事を言っていたり
井筒節が炸裂していたように思います。
ああいうのを不快と思う人もいるかと思うけど、ワタシはなんだか好きでしたw
実際見ると可愛いおっさんでした。
こういう場は、もちろん監督に話を振られる比重が多くなるものなのですが
そういう部分でも、主演のブッキーと浅野さんにももっと話させてやってくれと
司会者の女の人に直談判してましたw
肝心のチャンミンは、共演者の人たちが話している事によく笑い、よく頷き楽しそうでした。
ワタシは、完成披露試写会には行っていないので、チャンミンが共演者といる所を初めて生で見ましたが
割と馴染んでいる事に嬉しくもあり、なんか不思議だなあって思って見ていた。
いつも見ている俳優さんたちの中に、チャンミンがいる事がなんか不思議でした。
司会者の方に質問されて、出演者が順番に答えていく訳ですが
質問が出るとチャンミンはなんて答えようか若干緊張するのか?
少しだけマイクをキュッ握り直したりしていて、少しの事でしたがそこがなんか可愛かった。
緊張して手汗をかいてそうw(余計なお世話)なんて思いながら見ておりました。
取材が入っていたので、いたる所で動画がUPされています。
なので、質問内容についてはそちらでご確認下さい。(今更ですがそこはスルーして下さい)
上映後だからネタバレしても大丈夫なんですけど
ネタバレしてブッキーなんかにチャンミンそれ言っちゃう?なんて突っ込まれていたりw
チャンミン、それ笑って話す場面じゃないから!wなんて言われたり…
桐谷さんには、パンツネタが出てきたんですけど、なあ?チャンミン。なんていきなり振られて
いつもの感じでブンブン頷きながら笑っていたりと、共演者に可愛がられてる感じがして微笑ましかったです。
あとマスコミ撮影の時に、金塊を持たされていたけれど
興味津々でニギニギしていました。
高額品なので、どこまでどう扱っていいのか分からないのか
共演者さんたちがどう扱っているのかキョロキョロしていたのが可愛かったです^^
退場時もニコニコとさり気なく手を振りながら、モモの面影は全くなしのチャンミンでしたw
かわいいわ、本当にあの子は(誰)

映画に関しては、ワタシは原作を読んでから映画を観た派だったので
それぞれのバックグランドが見えていた訳ですが、原作を読んでいない人からしたら
どこまでこの作品の人の繋がりとか雰囲気がこの映画の中で伝わっているんだろうって思ったんですよね。
映画云々の前に、その辺にとても興味があった。
そのバックグランドが分かる分からないで、どこまで見え方が変わってくるんだろうって。
原作を知らない友達と観に行ったら、幸田とモモの心の繋がりはちゃんと伝わっていたみたい。
ワタシはもう知ってしまっているので、その辺は知った上での観方しか出来ないので、その感想は新鮮でした。
原作を読んでいない人の中には、漠然と金塊を盗む男くさいハードな映画って感じた人もいるかもしれない。
それとは逆に、もっとこの少しの表現の中にも色んな背景を掘り下げて考えた人もいるかもしれない。
だから本当にこのバックグランドをそこまで作品に入れていない所が
逆に色んな感想を生むのかなとも思いました。
原作を読んでる人・読んでいない人。
元々の作品が好きだった人・作家のファン。
漠然と俳優が好きだから観に来た人。
それぞれ違う感想になるかと思うんですけども、なんかそういうのも面白いなと思いました。
これで友達がブキさんにハマり出して、今どうしようかと思っている所ですw

モモ(チャンミン)に関しては、本当に映画の中での愛されキャラと名付けていたのですがw
男くさい中にいても、男くさくならない感じが、カワイク見えてしまって…。
でも本当にすごい作品に出演したんだなって。
こんな有名俳優さんの中で、本当によく頑張ったよね。
すごい事だなって、チャンミンの名前を字幕で観た時に思いました。
思っていた以上に普段のチャンミンの話し方で、いちいちセリフが可愛くて感じてしまって仕方なかったです。
あのイントネーションとかね。
大阪で会ったのは偶然かな?(かな?の言い方)とか、人に誘われたのは初めてだから~とか、知ってたよ。とか。
幸田さん、国が絡んでないから楽しいよ。とか、鱒の寿司が食べたかったな。とか。
もうもう言い出したらキリがないw
女装シーンはさほどワタシは特に興味もなかったけれど、やっぱり女顔なのかな?可愛かったw
デカかったけど。
幸田とモモのシーンでは、やっぱり心通ってる風な感じが表れてた”モモ!おごってやるよ!”のモモの顔かな。
あれいい顔してた!(誰)
後はミシンのシーンかな。
あの時の鱒の寿司のくだりからの、北川が一人になったらなったでスッキリするなの
幸田がモモ→北川に移り変わる表情の変化とかね。
あの辺りが良い感じに関係性を表していたんじゃないかと思いました。(誰2)
ワタシ、演技の事はよく分からないからあまり演技論もどきは言いたくないのですが
この上の2つのシーンについては、本当に良いなと思いました。
幸田とモモのシーンだけが、なんだか心の拠り所みたいな感じだったんです、ワタシの中で。
後はケンカしてるか、この世の終わりみたいな顔した幸田と、イカれた北川と云々で
割と息をしている暇がないというか…なので、幸田とモモのシーンはあの映画の中で、一種の心休まる時間でした。
あとは、野田の胡散臭い感じが、ものすごく好きで…
この人のこの役のハマり具合はなんなんだろうかと小一時間w
北川さんは、実はあまりああいう雰囲気を想像していなかったんですよね。
もっとアウトローな感じの雰囲気を想像していたものでね。
髪もちょっと長くて、髭とかも生えててみたいなね。
幸田のこの世の終わりみたいな顔を見ては、とりあえずこの人はには
モモを注入してやってくれって思っていました。
早くこの人の世界を変えてやってくれって思って見ていた。
前売りと初日とで計3回観ましたが、DVDが出たら欲しいなと思いました。
もっと細かく見たい。
気付いていない所もあるかもしれないし。
モモに関しても、批判的な意見をあまり目にした事がなくて
この原作が映画になると聞いた時、原作のモモファンがすごくたくさんいるというのを聞いていたので
正直どんな風に言われちゃうんだろうって心配だったんです(親心)
その原作のイメージを大事にしているファンの人に、チャンミンが演じるモモがどんな風に映るのか
不安も期待もあったけれど、蓋を開けてみたら心配していた事はほとんど目にしなかったので嬉しかった。
ワタシは原作を読んだ時点で映画化されるのが発表されていたので、
原作を読んた時からモモ=チャンミンだった訳です。
なので、その辺も客観的に見られない。
チャンミンじゃないモモが想像出来ない。
だからこの辺も、面白いですよね。
映画化が発表される以前に原作を読んだ人にとったら、色々とまた想像していたものと違うかもしれないし
忠実!と思う人もいる訳で…そう考えると深いねえ。
色んな観方があるんだもんね。映画ってすごいよね。
だから、映画を見終わった後に人とあーだこーだ感想言い合うのが大好きなんだよねw

舞台挨拶から話が脱線してしまったwすみません。
うちの地元は本日(12/7)で上映終了なので、次はDVDでモモに会える事を楽しみにしています。

終わり。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

 東日本大震災募金サイト

出来る事がきっとある!

東北地方太平洋沖地震 義援金

 about me

kuishinbou0218

name:食いしん坊万歳!

初めまして。
3度の飯より東方神起が大好き!
左目でチャミを…
右目でユノを…
いつも必死で見ています。
両目を器用に使う
カメレオンに憧れています。

どちらかを空気のように扱える人
とても苦手です。
何故なら2人とも
血の通った人間だからです。
冗談や洒落が通じない人は
この場所には合わないと思うので
すぐに引き返して下さい。
どちらも嫌な所は嫌だし
それは遠慮せずここに書きます。
盲目な人も引き返して下さい。
何でも良しでなないオタクです。

自分の思ったことだけを
ただただ書き綴っていく
独りよがりで
つまらないブログになっております。
捻くれ者であまのじゃく。
自分本位で協調性ゼロ。
自由きままのその辺にいるオタクです。

適度に悪口言って
適度に批判して
適度に褒めて
適度に共感してくれたら
大変嬉しいです。
ひっそりまったりを
モットーにやっとります。

来るもの拒まず去るもの追わず...
ここではご自由にお寛ぎ下さいませ。

お手柔らかにー☆*゜



 ヒトリゴト。


 最新記事

 月別アーカイブ

 カテゴリ

未分類 (1)
タワゴト (180)
チャ (24)
ユ (17)
ホミ (16)
過 (1)
旅 (5)
トン (25)
LIVE (45)
チケット (0)
スケ (0)
近 (1)
イベント (8)

 FC2ランキング



 カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。