topimage

2014-07

 スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 東方神起 live tour 2014 TREE まとめ2 - 2014.07.27 Sun

もおおおお、終わるのかよおおおおおおお…このツアーまとめ記事っていう。
なかなか筆が進まず苦戦中です。
タラタラですみません。

では、続き。


スポンサーサイト

 東方神起 live tour 2014 TREE まとめ1 - 2014.07.13 Sun

今日は七夕ー。(七夕から書き始めたという記録ここに残しておきます)

ツアーが終了してから2週間。
いつもこの感覚に陥るのですが、この微妙な時期はいつも
もう2週間過ぎたのか…という気持ちと、まだ2週間かという気持ちがグルグルして
よく分からない感覚に陥ります。
忘れたくない気持ちからくる2週間も経っちゃったという感覚と
次へ進む気持ちからくるまだ2週間かという感覚の融合。
自分でもよく分からなくて混乱していますw

京セラや福岡の事は、また別途書こうかなと思っていますが
ツアーの振り返りだけ先に書いておきたいなと思い、のこのこと現れてみました。

今回のツアーは、どんなだったかなあとちょっと考えてみた。
キーワードは3度目のツアーかな。
内容に関していえば、マンネリ化は避けられないと感じました(いきなりばっさり)
彼らの力あってこそ、あそこまで盛り返せていたけれどそれでもやっぱりな。
勝手にサムさんの限界を感じてしまいました。
だって、サムさんももう50歳とかでしょ?(関係ない)
暗闇で光る棒と光るスカーフが出てこなかっただけマシなのかな(割と頻繁に現れるアレ)
どうしてそんな事を思ったかというと、初日に見た感想が漠然とつまらないという感想だったからなんです。
今だからこそ言えるけれど、やはり初日のショックは計り知れなかったです。
怪我の残像はもちろん、それが影響しているであろう内容も。
心は正直なので、踊れそうな曲なのに踊らない彼らを見た時は、やっぱりショックでした。
どこがマンネリ化しているのかと問われると、自分自身ここです!とはっきり提示出来ないあたりが
なんの説得力もない部分なのですが、全体的なものなのかな…。
おなじみの陰と陽のVCRとか。
あの雰囲気とか。
ずっと考えてはいるのですが、そこがはっきりしなくてモヤモヤはしています。
でも逆に言えば、あの全体的な雰囲気が彼らのライブの色とも言えるのかなあ…なんて思ったりもして
色んな気持ちが頭をグルグル。
あとは3度目のツアーにして思ったのは、アルバムをライブ用に作り過ぎているおかげで
そこから出られない窮屈さをすごく感じてしまいました。
種も仕掛けもないから、アルバムを発売した時点でライブ構成が想像出来てしまうつまらなさ。
そこから見つけるワクワクさももちろんあるんですけど、でももう3度目となるとね。
そこを裏切るような構成とか、選曲を期待していしまう訳ですが常に保守的な内容というかね。
それに自分が飽きてしまったんだと思います。
アルバムという枠にとらわれることなく、良い楽曲がたくさんあるのだから
それを魅せて欲しいと3度目のツアーにしていよいよワタシも欲が出るといいますか。
もうアルバムはアルバムとして、ライブに直接結び付けなくても良いんじゃないかな。
そこを1セットにしてしまうのはここにくるともうもったいないとしか言えなくて…。
ライブはライブで、アルバムはアルバムでと直結させずにいたら2度おいしいし、彼らの幅も広がるのに。
それくらいの引き出しは彼らにあるだろうに、もったいないなあって思います。
結局ライブ用アルバムみたいになっているので、パフォありきな楽曲が多くなる。
ワタシの場合はパフォありきの曲は結局ライブまでは活き活きしてこないし、ライブまでスタンバイしてしまう訳です。
それがもったいなくて。
これはライブとは関係ないけれど、もっと1つのアルバムとしての完成形を見てみたいです。
アイドル的アルバムではなく、アーティストのアルバム。
そこから広がるライブの斬新さとか、そういうのをワタシは夢見てしまいます。
ライブ云々関係なく魅せて欲しいし、聴かせて欲しい。
彼らの歌声は素晴らしいと思う。でもそれは彼らの歌声であり、
今の彼らにはそこに必ずしも楽曲が含まれている訳ではないのですよね、ワタシの中で。
ただただ漠然と彼らの技術的な面のみ。
もちろん素敵な曲もあるのだけれど…。
これもライブとは関係ないけれど、結局は楽曲を重視されていない事にも飽きたんだと思います。
そこは事務所の問題もあるのだろうけど。
ライブ用ではない曲で、それをどうライブ用にアレンジして持っていくかとか
そういう面での面白味や広がりをもっと出して欲しいという願望。
いつまでもこのライブ内容では、ずっと似たようなライブしか出来ないのでは?と少々思わずにはいられなかったです。

そこからくるものなのか、初日を見た時に、自分たちがライバルとは酷なものだよなあと考えてしまった。
ライバルが外部ではなく自分たちとなると、彼らが刺激されるものってどんな事なんだろう?
あまりにもストイックで、なんて厳しい茨の道なのだろうと勝手に絶望を感じてしまいました。
それでも彼らはやっていくのだろうけど。
精神的なものや、彼らの意識は彼ら次第でどうにでもなると思う。
ただやっぱりライブの内容は、内輪だけではやはり限界があるのではないのかなあって。
そこはあまり感じたくなかった部分ですが、感じずにはいられなかった。
1番考えたのは、今回の内容が3年前の彼らに出来なかった事なのかなと考えた時に
きっとできなかったよね!!とはちょっと言えない内容な気がしたんです。(個人的な感想)
たぶん3年前の彼らでも出来た内容じゃないかなあって。
という事は、内容的に成長していないという事ではないですか。
彼ら自身きっと色んな事を経て、3年経った今何も成長していないとは思いません。
ただその成長している彼らのその部分を、ライブでうまく盛り込んでくれない、この歯痒さ。
あの人たちがどれだけ伸びようとしても、その筒自体の大きさが変わらないのであれば
彼らはいつまでも同じ筒の中で窮屈にするしかないんですよね。
ライブの内容がまさにそれかなって思ってしまいました。
そこの窮屈さにも気付いて欲しいし、打開してほしいです。
彼らが大きくなっていっていると同時に、演出も成長してくれたらと願わずにはいられないと感じた今ツアーでした。
ある意味、彼らの課題も見つかったツアーだったかなと個人的に思いました。
という事は、やはりまだ伸びる事は可能な訳ですので、そこんとこお願いします。(誰かに向かって)

一ファンの分際で、評論家気取りな発言はこの辺にしておきますw
まあ…うるせえよ、お前って話ですね。あはは。

もちろん好きな所も、良いなあと思った所もあったので
それはまた次回。
ちょっと疲れたのでw今回は小分けにして書こうと思います。

遅くなりましたが、前回のコメント分よりコメレスを再開しました。
今までコメント下さっていた方も、レスは出来ませんでしたがありがとうございました^^

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

 東日本大震災募金サイト

出来る事がきっとある!

東北地方太平洋沖地震 義援金

 about me

kuishinbou0218

name:食いしん坊万歳!

初めまして。
3度の飯より東方神起が大好き!
左目でチャミを…
右目でユノを…
いつも必死で見ています。
両目を器用に使う
カメレオンに憧れています。

どちらかを空気のように扱える人
とても苦手です。
何故なら2人とも
血の通った人間だからです。
冗談や洒落が通じない人は
この場所には合わないと思うので
すぐに引き返して下さい。
どちらも嫌な所は嫌だし
それは遠慮せずここに書きます。
盲目な人も引き返して下さい。
何でも良しでなないオタクです。

自分の思ったことだけを
ただただ書き綴っていく
独りよがりで
つまらないブログになっております。
捻くれ者であまのじゃく。
自分本位で協調性ゼロ。
自由きままのその辺にいるオタクです。

適度に悪口言って
適度に批判して
適度に褒めて
適度に共感してくれたら
大変嬉しいです。
ひっそりまったりを
モットーにやっとります。

来るもの拒まず去るもの追わず...
ここではご自由にお寛ぎ下さいませ。

お手柔らかにー☆*゜



 ヒトリゴト。


 最新記事

 月別アーカイブ

 カテゴリ

未分類 (1)
タワゴト (179)
チャ (24)
ユ (17)
ホミ (16)
過 (1)
旅 (5)
トン (25)
LIVE (45)
チケット (0)
スケ (0)
近 (1)
イベント (8)

 FC2ランキング



 カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。